Return To ターニの帰還#5 神々(4)

芝村 :
そろそろ時間です

ホーシ・ノーコ :
はい

ホーシ・ノーコ :
では行動宣言します

行動宣言「神々の加護を祈りつつ、みんなで協力して全力で戦います」

芝村 :
皆戻ってるかな。

ホーシ・ノーコ :
皆さん、いますー?

芝村 :
はい。では再開します。一応戦いの一声を、点呼代わりにどうぞ

サーキ・ヨーン :
います~

ソーラ・モース :
「行きましょう!」

シーカ・ルーカ :
います

シーロウ :
「姫のために!」

サーキ・ヨーン :
「さて、いっちょやりますかっ!!」

芝村 :
/*/

ラマ・カーン@みど :
「ターカ・デーラよ、どうか加護を。俺の指に妻へと近づく道を開く力をお与えください。最後の都に、リースはきっといるんだ…!」

芝村 :
そして、戦いがはじまった。

芝村 :
使用絶技の、宣言どうぞ

ホーシ・ノーコ :
はい。ダブルキャスト「盾でかばう」(盾受け+かばう×10)使用します

シーロウ :
【凄い息】×7=7000を使用します

シーカ・ルーカ :
「勇気ある猫の軍神よ、力強き風の神よ、我らが苦難見られていれば、気高き姫と勇者達に助力を。ターニ、あなたに神のご加護がありますように。

真実の目2LV(2000)をターニにかけて超感覚を付与します。

サーキ・ヨーン :
星神への祈り(祈り+天候変化)

天候変化でコチラに追い風、蜘蛛に向かい風になるように嵐を呼びます

ラマ・カーン@みど :
稲妻の指5使用します

ソーラ・モース :
絶技:遅延でダブルキャスト:見えた、そこぉ!!【短期予知×6】+【精密照準×5】+見えた、そこぉ!!【短期予知×6】+【精密照準×5 受けるダメージ46点(17000の修正)敵の動きを先読みして弓を射る技能を使います。

芝村 :
サーキ、貴方はどのように祈る?

サーキ・ヨーン :
シオネをはじめとする海より来た光の神々へ貴方を信じる姫の正義を守りたまえ、と

芝村 :
言葉にはなにかだすかい?

芝村 :
#おそらく、キャンペーン屈指の名場面ですが

サーキ・ヨーン :
#む~ん

シーカ・ルーカ :
#桧舞台です

芝村 :
#3分あげようか?(笑)

サーキ・ヨーン :
すみません(笑

ホーシ・ノーコ :
#ぜ、ぜひっ(笑)

芝村 :
#OK(笑)

シーカ・ルーカ :
#保守。伴奏は任せて。

芝村 :
#そろそろ時間です

サーキ・ヨーン :
はい・・・

サーキ・ヨーン :
ではいきます

サーキ・ヨーン :
「わたしは・・・貴方がたを信じます。死をも越え、正義を示す神々を」
「わたしは・・・貴方がたを信じた姫を信じます」
「姫は申された我に続けと。ならばそれにつづくは臣下のつとめっ!!」
「ご照覧あれ!!正義はここにありっ!!」

芝村 :
サーキは雪の中に膝をついて祈った。

芝村 :
その後ろでイーワが冷たい目で見ている

シーカ・ルーカ :
「神々への祈り届くまで、時間を稼ぐのが私達の役目、か」

ホーシ・ノーコ :
「闇を払う光の神々よ!御照覧あれ!我、今こそ正義を示す!」

芝村 :
では敵を倒し始めようか

ソーラ・モース :
イーワの方を優しく叩きます
「物は試しよ! あなたも祈ってみましょう」

芝村 :
イーワ:「ああ」

芝村 :
イーワは細身の剣をぬいた。

芝村 :
イーワ:「そうだね」

ソーラ・モース :
「うん!」

ソーラ・モース :
弓をつがえます

ホーシ・ノーコ :
「私、みんなと出会えたことも神のご加護だと思うわ。みんなは私が死なせない!」

シーカ・ルーカ :
サーキを護れる位置に

ラマ・カーン@みど :
ノーアやサーラなどの前の、庇える位置に出ます

シーロウ :
「今日この日を得たことの誇りを胸に!」

芝村 :
26000かな。絶技の攻撃分は

芝村 :
あと稲妻の指だ。

芝村 :
だいすどうぞ。1d6×500

芝村 :
あれ。稲妻は使わないのかな?

ラマ・カーン@みど :
使用します

芝村 :
どうぞ

ラマ・カーン@みど :
1d6

芝村 :
[mihaDice] ラマ・カーン@みど :
1d6 -> 3 = 3

ラマ・カーン@みど :
1500です

芝村 :
はい×20に効果ある。

芝村 :
56000

芝村 :
みなさんの根源力はどれくらい?

ソーラ・モース :
5800です

サーキ・ヨーン :
5750です

シーカ・ルーカ :
5750です

ホーシ・ノーコ :
5750です

ラマ・カーン@みど :
5750です

ソーラ・モース :
シーロウさんは?

芝村 :
あれ、一人たりない?

シーカ・ルーカ :
後シーロウですね

ホーシ・ノーコ :
名前:シーロウ

根源力:6850

シーロウ :
シーロウ 6850

マーウ・マーキ 3125

シーロウ :
です(すみません!)

芝村 :
約9万だね

芝村 :
敵は一度に襲い掛かったとして100いる。

芝村 :
100×2000くらいが難易だ

芝村 :
難易40万くらいだね。このままでは大打撃

芝村 :
で、NPCたちで15万くらい出せる

ソーラ・モース :
半分強………

ホーシ・ノーコ :
防御ですよね。ダブルキャスト「盾でかばう」(盾受け+かばう×10)でえーっと…

芝村 :
盾効果は10倍していい

ホーシ・ノーコ :
前回盾受けで、上質な小盾(+30%):根源力 260の2倍で520、と言っていたのですが、上質な小盾(+30%):根源力 260:【受け止める】で成功要素をひとつ持ちますので。【受け止める】×2、であってますでしょうか?

芝村 :
いえ。1だよ

芝村 :
まあ520×10で5200+

ホーシ・ノーコ :
了解です。ではええっっと、520×10+20000=25200

芝村 :
かばう10でいくつ?

ホーシ・ノーコ :
20000です

芝村 :
互いに中間判定という感じだね

シーカ・ルーカ :
前提変換で優位を得られれば

芝村 :
いいですよ?

芝村 :
前提変換してみるなら2分あげる

ホーシ・ノーコ :
ありがとうございます!

芝村 :
どうぞ?

ホーシ・ノーコ :
はい。

シーカ・ルーカ :
・山の上方を取る事で位置的優位を得る
・風の吹く斜面はエンプの加護がある
・夜明けの光は闇を払う光に通じる
・1km離れた距離からの攻撃なので、至近距離の攻撃より弱い
・敵は風に任せて空中に漂っているだけなので非常に狙いやすい。
・敵の数がそもそも多いためきちんと照準すれば当たる

芝村 :
思いついた順からでも

芝村 :
以上?

ホーシ・ノーコ :
・編み上げサンダルで動きやすい
・みんなをかばって戦う事で、シオーネを思わせる

ホーシ・ノーコ :
・蜘蛛とは戦った事があるので慣れている

サーキ・ヨーン :
糸に絡まれたことがあるので警戒できている

ホーシ・ノーコ :
・神々の加護を信じて戦っているので、士気が高い

シーロウ :
・ターニたちとは何度も一緒に戦い、連携ができている

ソーラ・モース :
・ソーラの絶技の効果は敵の動きを鈍らせる効果もある(前回の絶技使用より)

ホーシ・ノーコ :
・神話の1シーンのようなターニの姿を見て、英雄・神々を改めて信じている

ラマ・カーン@みど :
・ターカデーラは蜘蛛を攻撃したことがあるラマを見捨てていないので、今回も加護してくれている

シーロウ :
・凄い息で糸で仲間が絡まらないよう吹き払う

サーキ・ヨーン :
以前アブダマルの加護を受けたことがあるので実存を信じている

ホーシ・ノーコ :
・ノーコは熱心なシオーネアーラ信者なので、こういった局面で心の光が消えぬよう、シオーネアーラに祈りを捧げている

サーキ・ヨーン :
<キャンペーン2回目より

シーロウ :
・エンプの子孫として、光とノーア姫のために今こそ加護を祈る

シーロウ :
<追加設定でエンプの子孫である

ホーシ・ノーコ :
・ノーア姫の瞳の奥に揺らぐ炎はまさしく心の光、と見て取っている

芝村 :
はい。ではそこまで

芝村 :
・ターニたちとは何度も一緒に戦い、連携ができている
2万

芝村 :
・神話の1シーンのようなターニの姿を見て、英雄・神々を改めて信じている
4万

芝村 :
・山の上方を取る事で位置的優位を得る
4万

芝村 :
・敵の数がそもそも多いためきちんと照準すれば当たる
2万

芝村 :
・敵は風に任せて空中に漂っているだけなので非常に狙いやすい。
2万

芝村 :
・蜘蛛とは戦った事があるので慣れている
1万

芝村 :
・みんなをかばって戦う事で、シオーネを思わせる
4万

芝村 :
合計は?

ホーシ・ノーコ :
19万…?

シーカ・ルーカ :
19万です

ソーラ・モース :
19万?

ラマ・カーン@みど :
19万

芝村 :
惜しい、あと1万で中間だっけ?

ラマ・カーン@みど :
ぐえええ

芝村 :
んなことはないか。攻撃は成功。

ラマ・カーン@みど :


芝村 :
防御で中間だね

シーカ・ルーカ :
15+9+19で43ですね

ホーシ・ノーコ :
よ、よかったです。けど防御が!

シーカ・ルーカ :
防御成功要素を提出します

ホーシ・ノーコ :
あ。1万でいけるなら成功要素で!

芝村 :
成功要素は勘案済みなので

芝村 :
防具出して

ラマ・カーン@みど :
硬い革鎧 1 300 1 個 【受け止める】×2

ホーシ・ノーコ :
了解です

シーカ・ルーカ :
・硬い革鎧(金貨20枚 根源力300 重量30)「受け止める」*人数

ソーラ・モース :
固い革鎧 成功要素【受け止める】×2 【衝撃吸収】  根源力300

ホーシ・ノーコ :
<防具>
上質な小盾(+30%):根源力 260:【受け止める】
硬い革鎧:根源力 300:【受け止める】

盾は絶技使用で使用済みでしたら引いてください

サーキ・ヨーン :
盾 金貨30 受け止める 受け流す 衝撃吸収 根源力300【受け止める】
硬い皮鎧 受け止める*2 衝撃吸収 金貨30 根源力300 重量30【衝撃吸収】

で受動で盾受け技術(受動時、手持ちの盾根源力2倍)

シーロウ :
硬い皮鎧:根源力300:【受け止める】×2【衝撃吸収】

芝村 :
そういや、敵の数で増えるわな。

芝村 :
お。

芝村 :
受け止めた。

ホーシ・ノーコ :
やったー!!!

ソーラ・モース :
よっしゃ!

シーカ・ルーカ :
なんとか。

ラマ・カーン@みど :
おおお

シーロウ :
やた!

芝村 :
とめた。

芝村 :
100の敵に一歩も引かず戦って全滅させた。

ホーシ・ノーコ :
うおおお!

芝村 :
ターニが笑った:「あと1000回もくり返せばいいぞ」

ソーラ・モース :
「なんとかなりそうね!」

シーロウ :
「はいっ!」

サーキ・ヨーン :
「ええっ」

ホーシ・ノーコ :
「ええ!諦めない!明日はきっとよくなるのよ!そう決めたから!」

ラマ・カーン@みど :
「そうだな!その通りだ」

シーカ・ルーカ :
「はは、本当に出来そうな気がしてきます」

シーカ・ルーカ :
でも冷静に見て疲労の激しいメンバーをどうにかしないとまずい。
ふむ……。

サーキ・ヨーン :
「祈りはした。あとは人の努力を・・示すっ」

ソーラ・モース :
「私はまだまだ大丈夫よ!(言えない、今ので絶技すっからかんになるまで使ったなんて………)」

芝村 :
ターニ:「よし」

芝村 :
ターニは吼えた。敵と、新しい太陽に向かって。

芝村 :
ターニ:「この世の誰が敵だろうと、俺は俺の出来ることをやるまでだ」

ソーラ・モース :
「たとえ世界が相手でも!」

ホーシ・ノーコ :
「(英雄…)」

シーロウ :
「どこまでも、お供します!」

シーカ・ルーカ :
「動けないものは地下への入り口へ! 動けるものは彼に続け!」

サーキ・ヨーン :
「姫を守る・・・今はそれだけでいい・・・」

サーキ・ヨーン :
「やれることを全力で!」

ソーラ・モース :
「力の限り、命の限り、私のすべてをかけて戦って勝ち残るのみ! 」

芝村 :
ターニは次なる敵の群に襲い掛かった。

ラマ・カーン@みど :
「続け!」

芝村 :
みんなの体力は大丈夫かな。

シーロウ :
「いくぞ!」

芝村 :
絶技使用で死んだりしない?

ホーシ・ノーコ :
かばう×2で成功要素2停止となります

ソーラ・モース :
ギリギリ1残ってます(ソーニャ)

シーカ・ルーカ :
丸々残ってます

ホーシ・ノーコ :
まちがえた!かばう×10で成功要素2停止となります

ソーラ・モース :
成功要素9個停止です

サーキ・ヨーン :
星神への祈りで12点停止で2個とまります

シーロウ :
凄い息7で成功要素1停止します

ラマ・カーン@みど :
10点中4点停止です

芝村 :
おっと。それでは戦力大幅減だな

芝村 :
2ターン目で全滅?

ソーラ・モース :
お弁当食べていいですか!(笑)

ラマ・カーン@みど :
Q:天候変化はいつ起こりますか?

シーロウ :
#さっきたべちゃった!

ホーシ・ノーコ :
Q:水の巫女に回復をお願い出来ませんでしょうか?

芝村 :
A:まだ先だろう。

芝村 :
A*水の巫女の戦力が下がる

芝村 :
さて、どう?切り抜ける?

ホーシ・ノーコ :
#なるほどっ ありがとうございます

ラマ・カーン@みど :
Q:1ターン休んでいる間に防御しながらお弁当を食べるなんてことは可能ですか?

芝村 :
A:無理

芝村 :
1ターン 10秒

シーカ・ルーカ :
Q:疲労著しいソーラと天候変化を起こすサーキに地下入り口へ下がってもらって、防御中心の戦術に切り替える事で有利に戦えないでしょうか?

ラマ・カーン@みど :
5ターンは耐えないと天候変化は起こらない…

ホーシ・ノーコ :
絶望的になればなるほど、笑って「我に続け」と言うのがシオーネ信者だと思いますので頑張りますです。

芝村 :
A:無理だな。そうすると敵が着地する

芝村 :
さあ。このまま男らしく全滅か

ラマ・カーン@みど :
Q:水の巫女に防御壁を張ってもらうことは可能ですか?

芝村 :
A:いいえ

ホーシ・ノーコ :
「優しい風を感じる…エンプはきっとすぐそこに」

芝村 :
#ヒント、ルールにくわしければすぐ(笑)

ホーシ・ノーコ :
#えええ

サーキ・ヨーン :
ん~

ラマ・カーン@みど :
敵が撤退するのって4割倒したらですっけ?

サーキ・ヨーン :
一回通った処理はそのまま使えるってやつですか?

サーキ・ヨーン :
<ゲーム中

芝村 :
そうそう>サーキ

サーキ・ヨーン :
ああ~

芝村 :
絶技の設定使用だね

ホーシ・ノーコ :
おお!

サーキ・ヨーン :
じゃあ同じ行動1000回で、と

芝村 :
このまま、特に何もなければ繰り返すことが出来る。

ラマ・カーン@みど :
∑1000回

ソーラ・モース :
なるほど!

芝村 :
まあ、前提変換が時間で起きるから、全滅はさせられないと思うけどね

ラマ・カーン@みど :
撤退までには追い込めるやも

ホーシ・ノーコ :
撤退までならなんとか?

ホーシ・ノーコ :
かぶったw

ラマ・カーン@みど :
もう敵は撤退させてなんぼという妙な学習がなされているのです私…!(笑

芝村 :
/*/

芝村 :
そうして、1時間ほど戦っている。

芝村 :
ターニ:「まだ生きてるか」

ホーシ・ノーコ :
「もちろん」

芝村 :
周囲は蜘蛛の死体だらけだ。雪原も見えない

シーカ・ルーカ :
「どうやら、、、生きてるらしいです」

ソーラ・モース :
「生きてるわ!」

シーロウ :
「まだまだ!」

ソーラ・モース :
「意外とどうにかなってるわね私達」

ラマ・カーン@みど :
「生きてるぞー。ノーア姫さん、ミーシャ、サーラは無事か?」

芝村 :
ミーシャは蜘蛛の死体につぶされてじたばたしてる

芝村 :
サーラ:「手伝って」

ホーシ・ノーコ :
Σ

ホーシ・ノーコ :
手伝います

サーキ・ヨーン :
「だいじょうぶ?」助けます

シーロウ :
一緒に手伝います

芝村 :
ターニが笑ってる。

サーキ・ヨーン :
ぬ~~~~(と踏ん張ります

ソーラ・モース :
「援護するわ」

ソーラ・モース :
(弓を使って、敵を追い払います)

ホーシ・ノーコ :
「あなたが笑ってると負ける気がしないわ」>ターニ

ホーシ・ノーコ :
(そう言って私も笑います

シーロウ :
「もうすこし!」

ラマ・カーン@みど :
「水の巫女さんとマイト、イーワはつぶされてないだろうなー?」

芝村 :
水の巫女:「無事です」

芝村 :
マイト:「うん」

芝村 :
イーワ:「なんとかね。さて、囲まれたね」

ソーラ・モース :
「ね、イーワ、ひょっとしてターニって無自覚にモテる人なんじゃない?」

シーカ・ルーカ :
「そのようですね」

芝村 :
ターニ:「かまわん。円陣を組む」

ホーシ・ノーコ :
「ノーア様、お疲れではないですか?」

ソーラ・モース :
「ここからが本領発揮ってところねノーコも、無理しちゃダメよ」

ラマ・カーン@みど :
「お前らが背中にいると思うと、俺はまだまだやれる気になるぜ」

ラマ・カーン@みど :
「ソーラとサーキ、なんかふらついてるから内側に入っとけ」

ホーシ・ノーコ :
「ええ、ありがとうソーラ」

サーキ・ヨーン :
「ありがと。まだやれるっ」(汗をぬぐいつつ

ホーシ・ノーコ :
「この戦いを切り抜けなければ、人々の悲しみを止めることはできないわ。もうひとふんばり!」

ソーラ・モース :
「はん、あなたに心配されるほどじゃないわ! でも、ありがと………」>ラマ

シーロウ :
「幸せだ(笑顔で)」

芝村 :
ノーアは不意に上を見上げた

シーカ・ルーカ :
「人は人のなすことを」

芝村 :
風向きが、変わった。

ホーシ・ノーコ :
敵からも目を離さず、上を見ます(笑)ちらっと?

芝村 :
ノーアの瞳孔が開いた。

シーカ・ルーカ :
「風は風のなすことを」

ソーラ・モース :
「追い風………きた!!」

シーロウ :
(全身で風を感じます)

ホーシ・ノーコ :
「エンプアーラ…」

芝村 :
風は瞬く間に嵐のようにそよぎはじめた。

芝村 :
蜘蛛が、ながされていく。それと同時に、いくつもの巨大な影が現れた。

ラマ・カーン@みど :
∑巨大な影!?

芝村 :
巨大な人型だ。3mほどもある。

シーカ・ルーカ :
身長3mくらいですか

ソーラ・モース :
「あれは!?」

芝村 :
棍棒をもち、蜘蛛と戦いだした。

芝村 :
サーラ:「アルフだ!」

ホーシ・ノーコ :
「!」

芝村 :
それがこの世界の妖精であった。

ラマ・カーン@みど :
「で、でかっ!…でも、心強いな…!」

サーキ・ヨーン :
「神々よ・・・感謝を・・・」(祈りを

ホーシ・ノーコ :
「感謝を…ありがとうございます…」

サーキ・ヨーン :
「さあっ、もうひと踏ん張りっ!!」

ソーラ・モース :
「なんだかよくわかんないけど援護しましょう!」

芝村 :
ラウロ:「久しぶりだな。牙なしチビ」>ターニ

芝村 :
ターニ:「まあ、俺もチビだな。一応」

ラマ・カーン@みど :
「じゃあ、俺もチビか?」

シーロウ :
「風の戦士か?(巨人を仰ぎつつ)」

ソーラ・モース :
「そりゃそうよ(笑)」>ラマ

シーカ・ルーカ :
ダブルキャスト『動物達の謝肉祭』設定使用。
アルフ達に、サーラ、ターニ、ノーア姫たちの事を伝えます。

ホーシ・ノーコ :
「助力いただき、ありがとうございます!」>ラウロ

ラマ・カーン@みど :
「新鮮な体験だ。でかい方とは言われ慣れてるんだけどな」

ホーシ・ノーコ :
「なんと心強い…!」

シーロウ :
「ありがとう、おおきいひと!」

芝村 :
戦況が、逆転を開始する。

芝村 :
ラウロはチビのチビがいたと笑うと、仲間と共に走って残敵を掃討に入った。

ラマ・カーン@みど :
「サーラ!お前さんの知り合いはすごいな!」

シーカ・ルーカ :
「イーワ」
「これは人のやったことだけれど」
「私達は、こんなときに神様を信じてしまうんです」

ホーシ・ノーコ :
ラウロ達と共に走って戦います

シーロウ :
「大きいひとに続け~!」

ソーラ・モース :
「疲れもふっとんじゃうわ!」

サーキ・ヨーン :
「いっけえ~~~」

芝村 :
さて。

芝村 :
この戦いで一人、取り残されてるのがいるかもしれない。

ラマ・カーン@みど :
ミーシャですか

サーキ・ヨーン :
Σ

ソーラ・モース :
それともイーワ?

芝村 :
PCでもいい

芝村 :
誰がいい?

ラマ・カーン@みど :
ああ、ダイス選択だったんですね

ソーラ・モース :
あ、なら私かな疲れ具合からして………

ラマ・カーン@みど :
PCからさっきのダイス表で1D6とかどうでしょうー

ホーシ・ノーコ :
Q:取り残されてる、というのはどういう状況でしょう?敵の中にでしょうか?それとも戦いの輪からでしょうか?

芝村 :
OK

芝村 :
では1d6

芝村 :
[mihaDice] 芝村 :
では1d6 -> 6 = 6

芝村 :
サーキかな。

芝村 :
サーキは一人離れて、イーワが稲妻の指を使って蜘蛛を倒したのを見る。

ラマ・カーン@みど :


芝村 :
イーワ:「やっぱりね・・・」

芝村 :
イーワはつめたく、そう言った。

芝村 :
/*/


-----
(3)|→ゲーム終了後

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント