『唯一つの理由』 (text by 葉崎京夜)

/*/

“果たせなかった約束を果たす為。”

/*/
W6.22531224

2253年のクリスマスを迎える火星の海の中で一つの約束が交わされた。

OVERS・SYSTEMを使用し第六世界に介入していた葉崎京夜と、S.TAGAMIとの間に交わされたささやかな約束である。

その約束は守られることはなかった。

/*/

希望の戦士は珍しく穏やかな朝を迎えた。

ここ数日激烈を極めた戦闘が続き、艦内では疲弊した乗員があちこちで居眠りをしている。

艦長であるエリザベスに連絡し、これ以上の戦闘は無理だと説明し戦域の離脱を進言する希望の戦士。

そうだね。といって移動先を指示し、半舷休息を宣言するエリザベス。

居眠りしている乗員をそれぞれの部屋に送り届けて、艦内を見回る希望の戦士。

こういう時は、食事も睡眠も必要としないこの義体がありがたい。

静かな艦内に足音が二つ聞こえる。

ん?と振り返る希望の戦士。

視線の先で黄金の髪が舞った。

「お疲れ様です。先ほどの戦闘では助かりました。」

気にするなと首を振る黄金の髪の人。

じっと、TAGAMIの顔を覗き込む希望の戦士。大変失礼な男だ。死ねばいいのに。

手を伸ばし、その髪に触れた後、ずっと思っていたことを伝える。

「この戦いが終わっても、貴女は戦い続けるのですね。」

首を縦に振るTAGAMI。

「私も連れて行って欲しい。」

真剣な目で見つめる希望の戦士。

「危険も困難も限りないでしょうが、だからどうした。」

青く輝く瞳。

「私は貴女の力になりたい。」

黄金の髪の人は、俯きその流れる髪で顔を隠す。

黙って返事を待つ希望の戦士。

アラート。第一種戦闘配置だ。

「こんな時に!」

揺れる艦内を第2ハンガーデッキに向け飛ぶように走る二人のパイロット。

2秒でフライトチェックを完了した希望の戦士の意識に、よろしくお願いします。とTAGAMIの声が聞こえた。

/*/

予想規模をはるかに上回るF地球軍同盟艦隊を殲滅し、帰艦する希望号。

ハンガーデッキに降り立った希望の戦士を出迎えたのは、空の第二ハンガーだった。

帰艦が遅れているのだと思い、ハンガーの前で士翼号の帰りを待つ希望の戦士。

1分…5分…10分…1時間…6時間…1日…1週間…1ヶ月……

黄金の髪の人は、その姿を再び現すことはなく

そして、MAKIからの死亡通知は流れることはなかった。

/*/

W6.22541224

2254年のクリスマスを迎える火星の海の中で一つのゲームの終了が告げられた。

OVERSOVERSOVERSOVERSOVER
SOVERSOVERSOVERSOVERSOVE
RSOVERSOVERSOVERSOVERSOV
ERSOVERSOVERSOVERSOVERSO

―I am Omnipotent Vicarious Enlist
a Recruit Silent System―

OVERSOVERSOVERSOVERSOVER
SOVERSOVERSOVERSOVERSOVE
RSOVERSOVERSOVERSOVERSOV
ERSOVERSOVERSOVERSOVERSO

おめでとうございます。

(何がだ?)

あなたの想像を絶するプレイングによって、
ここより先、一世紀先までの平和の獲得に
成功しました。

(それが何になる?)

今や第6世界、太陽系周辺を含む領域における
あらゆる紛争の芽は潰されました。

(あの人は今ここに居ない)

パーフェクトゲームです。
勝利条件、達成しました。
目的達成です。

(違う)

私の名前はOVERS・SYSTEM。
あなたの名前は希望。

(そんなものじゃない)

我々は二つで一つのユニットを構成する
豪華絢爛たる光の舞踏。
我々は己の存在を否定する為に出現する幻の存在。

(そんなんじゃないんだ)

世界は、我々の存在を必要としなくなりました。

(違う)

また一つ我々は我々の存在意義を消す事に
成功したのです。

(そうじゃない)

コントローラを置きなさい。
そして電源を切りなさい。

(待ってくれ)

胸を張って第7世界にお帰りなさい。
あなたは一つの世界を救ったのです。

(これで終わりなのか?)

夜が明ければ星は消え、
絶望が終われば希望が消えるのが道理。

(…俺は)

我々がいなくなるという事は
平和が訪れたという事でしょう。

(あの時から一年待った)

あとは、第6世界の人々が
未来を決めて行く事です。

(約束通りこの世界を平和にした)

手を休めて次なる召還を待ちなさい。
私の名前はOVERS・SYSTEM。
またあなたと共に戦う事を楽しみにしています。

(会わせてくれ)

ありがとう。ありがとう。ありがとう。

(あの人に会わせてくれ!!)

/*/

W7.60216002

漸く始まったね。

MAKIは死亡報告を出さなかったのを俺は知っている。

他の誰でもない俺が知っている。

まだ俺のゲームは終わっていない。

さぁ、もう一度あの黄金の髪の人に会う為のゲームを始めよう!

画像


text by 葉崎京夜

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント