詩歌藩国・星月の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ようこそイリューシア音楽院へ

<<   作成日時 : 2009/06/16 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

星月典子@詩歌 :
こんばんはー。星月典子@詩歌です。生活ゲームをお願いしにまいりました。
よろしくお願いいたしますー。

芝村 :
記事どうぞ

星月典子@詩歌 :
はい。
http://p.ag.etr.ac/cwtg.jp/ogasawara/4418
こちらになります。

芝村 :
イベントは?

星月典子@詩歌 :
えっと、音楽院ができましたので見に行ってみたいのと、いつもお世話になっているヒルデガルドさん達に、音楽でおもてなしというか、音楽院の学生が演奏してるのとか見ていただいたら喜んでいただけるかしらと考えていたのですが

星月典子@詩歌 :
詩歌今ものすごく暑そうですよね…(笑)

星月典子@詩歌 :
いつもお忙しい中時間割いていただいてる感じでもありますし、詩歌にお呼びしたら逆にご迷惑になりそうでしょうか?

芝村 :
なるほど。いいんじゃない?

星月典子@詩歌 :
ありがとうございますー。ではそれでお願いいたします。

星月典子@詩歌 :
ヒルデガルドさんには事前に「暑いですよー」とお伝えいただけるとありがたいです(笑)

芝村 :
はい

芝村 :
2分待ってね

星月典子@詩歌 :
はい。よろしくお願いいたしますー。

星月典子@詩歌 :
(神奈ちゃんにも会えるといいなあw

芝村 :
/*/

芝村 :
ここは静かな、というより、だれている詩歌藩だ

芝村 :
暑い。

芝村 :
ヒルデガルドはびっくりしている

星月典子@詩歌 :
「こんにちはー。今日はわざわざお越しいただきありがとうございますー」

星月典子@詩歌 :
#気温何度くらいでしょうか?

芝村 :
ヒルデガルド:「おどろいたわ」

芝村 :
20度くらい。

芝村 :
ただ、実際の温度は30度超える

星月典子@詩歌 :
#ありがとうございますー。えええ

星月典子@詩歌 :
「そうなんですよ…。なぜか最近暑くなってまして」

芝村 :
ヒルデガルド:「地熱の異常ね」

星月典子@詩歌 :
#火山活動の可能性も言われてましたが、地面が熱かったりしますか?<30度超え

星月典子@詩歌 :
「あー、やっぱり…。ううむ、どうしよう」

芝村 :
ヒルデガルド:「?」

芝村 :
ヒルデガルドは微笑んだ。

星月典子@詩歌 :
「地熱異常ということは、火山活動が活発になったりしてるかもと…。今調査結果待ちなのですが」

星月典子@詩歌 :
#近くにジャスパーとエクウスもいますでしょうか?

芝村 :
ヒルデガルド:「そうね。普通に考えれば」

芝村 :
#いるねえ

芝村 :
並んで暑そうにしてる

星月典子@詩歌 :
「エクウスとジャスパーも、暑い中ごめんねー」

星月典子@詩歌 :
「…エクウス、久しぶり!会いたかったよう…(ぎゅー」

芝村 :
エクウス:「お城はもっとあついよ」

芝村 :
えくうすは首を揺らした

星月典子@詩歌 :
「ジャスパー、ほんとにありがとう。ジャスパーのおかげでみんな戻って来てくれた」

芝村 :
ジャスパー:「火山爆発しそうだな」

芝村 :
ジャスパー:「あー。でも」

星月典子@詩歌 :
「うわん、どうしよう!今日は音楽院に見学に行きたいって思ってたんだけど…ん?」

芝村 :
ジャスパー:「なんでもない」

芝村 :
ヒルデガルド:「まあ、でも、地震なら、予知できるわ」

星月典子@詩歌 :
「?」>ジャスパーみつつ
「はい」>ヒルデガルドさん

星月典子@詩歌 :
「地震は観測されてないんですかね…?」

芝村 :
ヒルデガルド:「動物は、地雷予知、できるのよ?」

芝村 :
エクウス:「ほんとう?」

芝村 :
ヒルデガルド:「数日前だけどね」

星月典子@詩歌 :
「わあ!すごい!」

星月典子@詩歌 :
「エクウスが知らないということは、しばらくは大丈夫そうかな?」

芝村 :
ヒルデガルド:「ええ」

芝村 :
ヒルデガルドは微笑んだ。

芝村 :
ヒルデガルド:「そうね。避難の準備だけ、しておきましょうか」

星月典子@詩歌 :
「ありがとうございます。はい」

星月典子@詩歌 :
Q:藩王にこれらの情報を伝えて先行準備していただけますでしょうか?

星月典子@詩歌 :
#裏でも伝えてますw

芝村 :
ヒルデガルド:「事前に分かってるなら、そんなに怖くないわ。落ち着いていきましょう」

星月典子@詩歌 :
「はい、ありがとうございます!」

芝村 :
ヒルデガルドは微笑んだ。

芝村 :
A:ええ

星月典子@詩歌 :
ありがとうございます。ではさっそく
r:藩王と竜宮さんにこのことを伝え、先行準備してもらいます

芝村 :
OK

芝村 :
ヒルデガルド:「それで、音楽院?」

星月典子@詩歌 :
「はい、最近できたんです!」

芝村 :
ヒルデガルド:「いいわね。有名なところだから」

星月典子@詩歌 :
「よろしければヒルデガルドさん達にも見ていただけたらと思いまして。わあい、ありがとうございます!」

星月典子@詩歌 :
「ジャスパーとエクウスはもう行ったことあるかな?」

芝村 :
ヒルデガルド:「そう。じゃあ、お呼ばれしましょう」

芝村 :
エクウス:「ううん?」

芝村 :
ジャスパー:「俺、ない」

星月典子@詩歌 :
「あら、そうなのね。じゃあみんな初めてだねw はい、行きましょうー」

星月典子@詩歌 :
#音楽院、こんな感じになってます。
http://www10.atwiki.jp/siika/pages/245.html

芝村 :
ジャスパーは貴方の肩に乗った

星月典子@詩歌 :
#わあいw

星月典子@詩歌 :
「エクウス、ヒルデガルドさんに乗っていただいてもよい?」

芝村 :
エクウス:「うん、いいよ」

星月典子@詩歌 :
「ありがとう!」

芝村 :
ヒルデガルドはくすくす笑っている

星月典子@詩歌 :
「ヒルデガルドさん、エクウスOKだそうですので、どうぞですー」
手を貸しつつ

芝村 :
ヒルデガルドは背に乗った。

星月典子@詩歌 :
では改めて、音楽院に向かいますー

芝村 :
音楽院についた

芝村 :
歌声が、もう聞こえてくる

星月典子@詩歌 :
「わあ。素敵ー」

芝村 :
ヒルデガルドは降りた

星月典子@詩歌 :
「少々お待ちくださいませ」

先に守衛さんにご挨拶して、入構許可をいただきたいと思います。

芝村 :
はい許可はでた

星月典子@詩歌 :
「ありがとうございますー」

芝村 :
中庭だ

芝村 :
いろんな人がいるね。楽器ならしている。

星月典子@詩歌 :
わあい

星月典子@詩歌 :
カフェテラス的なものもあると思うので、椅子とテーブルを借りて来ます

芝村 :
はい

芝村 :
ヒルデガルドはほほえましく見ている

星月典子@詩歌 :
「ヒルデガルドさん、どうぞおかけください」

星月典子@詩歌 :
「私、学食でケーキと紅茶いただいてきます!」

芝村 :
ヒルデガルド:「ありがとう」

星月典子@詩歌 :
「ジャスパー、エクウス、ヒルデガルドさんをお願いねー」
と言い残しつつ、学食に向かって、ケーキ人数分と紅茶2つ買います

芝村 :
はい

芝村 :
もどってきた

星月典子@詩歌 :
「おまたせしましたー」
みなさんに配りつつ、自分も着席します

芝村 :
女学生:「あの」

星月典子@詩歌 :
「? はい」

芝村 :
神奈:「こんにちは。お客様、ですか?」

星月典子@詩歌 :
#わー。神奈ちゃん!!

星月典子@詩歌 :
#私は顔見知りでよろしいでしょうか?<神奈ちゃん

星月典子@詩歌 :
#一応、留学のきっかけのひとつは宰相をお迎えしての宴(お花見)で神奈ちゃんと私がお話ししたこと、とうかがっておりますw

芝村 :
OK

芝村 :
じゃあいいよ

星月典子@詩歌 :
#ありがとうございますー!

星月典子@詩歌 :
「神奈ちゃん!こんにちはー!」

星月典子@詩歌 :
「ほんとに留学してきてくれてうれしい!学校生活はどう?」

芝村 :
神奈:「こんにちは、星月さん」

芝村 :
神奈:「レベルが高くて、大変です。すごいですね」

星月典子@詩歌 :
「えー。神奈ちゃんから見てレベル高いってなんかものすごいような…」

芝村 :
神奈は苦笑してうなずいた

星月典子@詩歌 :
「あ、こちら風杜神奈さん。暁の円卓から留学に来られてます」

芝村 :
ヒルデガルド:「こんにちは。可愛いお嬢さん」

芝村 :
神奈:「こんにちは。お客様。ようこそ、学院へ。今、一つ曲を」

芝村 :
一斉に曲がなり出した。

星月典子@詩歌 :
「わあ!」

星月典子@詩歌 :
夢中になって聴きます

芝村 :
神奈は声楽のパートのようだ。

芝村 :
見事なレベルだ・・・詩歌でなければ、プロにはなれるだろう

星月典子@詩歌 :
「(神奈ちゃん、素敵…!みんなも…!)」

星月典子@詩歌 :
って詩歌のレベルものすごくないですかっ

芝村 :
すごいよ

星月典子@詩歌 :
うわあw ありがとうございますーw

星月典子@詩歌 :
聞き惚れます。みんなすごいなー

芝村 :
曲はなりやんだ。

芝村 :
ヒルデガルドははしゃいで手を叩いた。

芝村 :
ヒルデガルド:「すごいわ」

星月典子@詩歌 :
思いっきり拍手します!

芝村 :
学生がわぁと喜んだ

星月典子@詩歌 :
「すごい!感動したー!!(涙」

星月典子@詩歌 :
「ブラボー!!!」

星月典子@詩歌 :
(はしゃいでます

芝村 :
学生達はそれぞれサインおくりあってる

芝村 :
喜んでるようだ

星月典子@詩歌 :
わーい!

星月典子@詩歌 :
「みんなすごいよー!」

星月典子@詩歌 :
#ゲーム前は演奏に混ぜてもらえたりしたらなあって思ってましたけど、レベル違いすぎそうでびびってますw

芝村 :
ヒルデガルド:「これで1年生なの?」

芝村 :
神奈:「上級生はすごいんです」

芝村 :
ヒルデガルド:「・・・すごいわね」

星月典子@詩歌 :
「すごいですね…想像以上でびっくりです…(ちょっとほうけてると思います」

芝村 :
エクウス:「綺麗だね」

芝村 :
ジャスパー:「鼠でもわかるね」

星月典子@詩歌 :
「うん、綺麗だね!」

星月典子@詩歌 :
「えっと…アンコールお願いしてもいいかな?」>学生の皆さんに

芝村 :
学生達はみんなで嬉しそうにうなずいた

星月典子@詩歌 :
「アンド、演奏に混ざってもよい?(楽器見せて顔赤らめつつ)あの、一緒に演奏できたらなって、夢だったの」

芝村 :
また、曲がはじまった。

芝村 :
神奈:「はい。一緒に」

星月典子@詩歌 :
「わあい!ありがとう!」

星月典子@詩歌 :
一緒に演奏します。やたー!

芝村 :
/*/

星月典子@詩歌 :
(一応、歌唱評価26+楽器3で29あるはずですっ(笑)

芝村 :
楽しい演奏が、はじまった。

芝村 :
はい。お疲れ様でした

星月典子@詩歌 :
ありがとうございましたー!

星月典子@詩歌 :
色々無理言いましてすみませんでしたっ

星月典子@詩歌 :
ヒルデガルドさんやジャスパー、エクウスにも喜んでもらえましたでしょうか?

芝村 :
ええ。

芝村 :
ものすごく

星月典子@詩歌 :
よかったー!ありがとうございますー!

星月典子@詩歌 :
音楽院の皆様にも大感謝です。神奈ちゃんにもー

芝村 :
はい

星月典子@詩歌 :
皆さんにお礼言って、ヒルデガルドさん達と分かれて帰ったらすぐ藩王様達と地震対策とか考えます(笑)

芝村 :
はい

星月典子@詩歌 :
http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=3629
こちらに質疑も出させていただいてるのですが、こちら緊急タグをつけさせていただいてもよろしいでしょうか?

芝村 :
評価は+1+1

芝村 :
秘宝館には1,1で依頼できます。

芝村 :
OK>あゆみ典子

星月典子@詩歌 :
ありがとうございますー。あっ。裏でなにか起きてま…す?

芝村 :
おきてるねえ

芝村 :
大事件

星月典子@詩歌 :
うわあああ。

芝村 :
では解散しましょう。おつかれさまでしたー

星月典子@詩歌 :
じ、事件が気になりますが><
ありがとうございました!&お疲れさまでしたー!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようこそイリューシア音楽院へ 詩歌藩国・星月の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる